あなたの家・店舗・事務所のセキュリティ診断・防犯対策は、当社総合防犯設備士にお任せください!

0800-080-9948電話受付時間 10:00〜19:00

日曜・祝日 出張OK

アクセスマップお問い合わせ

工事事例Construction Case

ドア周りの不調の原因はカギや錠前だけではありません。

カギが壊れてドアが閉まらない、施錠出来ないので修理してほしい。

img02_01

依頼内容

カギが壊れてドアが閉まらない、施錠出来ないので修理してほしい。

錠前種類

GOAL ガード錠
※施錠(開錠)時
1段階でドアガード機能(この状態でドアを開けるとアームが引っかかり10cmぐらいしか開かない)
2段階目で通常の施錠(開錠)状態になる。

現状

①錠前のアームが飛び出したままでドアが閉まらない。
②錠前は作動する。1段階の施錠状態でドアの開閉ができる。
(カギ或いはサムターンでアームを戻すことができる)
③無意識に1段階施錠状態でドアを開閉している。
④1段施錠状態でアームがストライクに入らない。

原因

2枚扉の間に出来る隙間が大きすぎる為、1段階施錠用のアームが入らない。

対策

①お客様と相談の上、施開錠できない様に内部部品を加工した。
 理由
 ①以前別業者が修理したけれども再発した為。
 ②両扉間の隙間が大きく、改善困難な為。
 現状では再発の可能性が大きいので、ガード錠を使用しないことにした。
 *但し、シリンダー交換する事により再度使用可能。

②防犯性向上の為に補助錠設置
 防犯規格合格品の KABA6523を取付。
 上記ガード錠の代わりに使用。
img02

建物や扉、錠前によってトラブルは様々です。
不調の際は、早目にカギの救急車今池へ御相談下さい。

※自己対応で、状況が悪化してしまう事があります。